Build your own LaTeX environment, in seconds

新規登録

フルリモートの Cloud LaTeX Team に Join したい学生 Developer / Operator を募集しています。

更新情報


2019/10/31


Ver.2.21.2 をリリースしました。


2019/10/29 の Ver.2.21.1 リリースによって発生した、「ファイルを追加する」からフォルダしか追加できなくなっていた不具合に対し、「ファイルを追加する」/「フォルダを追加する」の2つのボタンを設置することで対応しました。


また、ERROR/LOGタブを選択時にコンパイルをしてからPDF VIEWタブに遷移すると正しく表示されない不具合を修正しました。


2019/10/29


Ver.2.21.1 をリリースしました。


  • プロジェクト画面でのD&Dまたはアップロード→「ファイルを追加する」から、フォルダごとまとめてファイルを追加できるようになりました
    ※ 本機能は Internet Explorer ではご利用になれません。ご了承ください
  • プロジェクト画面内の3つの画面の枠をそれぞれ最大化/もとに戻すボタンを設置しました
  • \includegraphics{} コマンドを使うと、予めファイルツリーに用意した画像ファイルやPDFファイルの中からファイル名入力補完ができるようになりました。jpg/pngファイルの場合はプレビューも表示されます
  • PDF VIEW の 該当箇所をダブルクリックすると、その箇所にある程度対応した編集行にジャンプする機能を追加しました
  • 新規プロジェクト作成時にそのままプロジェクト名が入力できるようにUIを改善しました
  • ファイルツリー操作でのファイル移動先を表示する枠の範囲がわかりやすくなるようにUIを改善しました
  • その他、細部の修正を実施しました

更新履歴を見る

その他のお知らせ



TeX 利用のハードルの低下

面倒な TeX のコンパイル環境構築はもう不要。Cloud LaTeX に登録すれば、いつでもどこでも、気軽に LaTeX が使えます。


マルチバイト言語対応

Cloud LaTeX は初めて日本語や中国語、ハングルなどのマルチバイト言語にネイティブに対応したサービスです。pLaTeX / XeLaTeX / upLaTeX / LuaLaTeXを使って文書を作成することができます。


堅牢なセキュリティ

研究者にとっての研究文書は命の次に大切です。通信は SSL プロトコルを経由して行われ、全ての LaTeX 文書とファイルは AES256 により暗号化保存され厳重に管理されます。

特徴

ツリー/編集/コンパイル画面の直感的なインターフェース
TeX プログラミングに最適なエディタ
TeX コマンドの自動補完
構文エラーをわかりやすく表示
PDF出力、プロジェクトのZIPダウンロード
D&Dによるファイルアップロード
豊富なテンプレートからのプロジェクト作成
編集内容の自動保存