Build your own LaTeX environment, in seconds

新規登録

更新情報

更新履歴を見る


2021/06/30


v2.44.0 をリリースしました。


  • 現時点で最新の (u)platex 開発版である pLaTeX2e <2021-06-01>+2 (based on LaTeX2e <2021-11-15> pre-release-1 が利用可能になりました。
    今回リリースされた 日本語 LaTeX の新バージョンに含まれる新機能や非互換な変更に対して、各ユーザのご利用環境でのテスト実績の蓄積と問題点洗い出しのプロセスが不可欠となります。そのテストに Cloud LaTeX でお手軽にご参加いただけますので、ぜひご協力ください。
    • コンパイラを platex または uplatex に選択した上で、プロジェクト設定「開発版/安定版」から「開発版」を選択すると、TeX Live 2021 で (u)platex-dev コマンドでのコンパイルができるようになります。
    • その上で \documentclass の前に \RequirePackage{exppl2e} の記述を加えてテストしてください。
    • 不具合や改善点を発見した場合は以下に Issue を立て、 (u)pLaTeX の開発者に報告してください。
      pLaTeX: https://github.com/texjporg/platex/issues
      upLaTeX: https://github.com/texjporg/uplatex/issues
  • Cloud LaTeX を運営するアカリクのロゴを変更しました。
  • その他、細部の修正等を実施しました。


2021/06/27


v2.43.0 をリリースしました。


  • セキュリティ強化のため、「過去に他サイトで流出したことのあるような『第三者に推測されやすい』パスワード」を設定していた場合に変更を促す警告を出すようにしました。
  • プロジェクト編集画面、左ペインのファイルツリーにおけるファイル設定に「ダウンロード」機能を追加し、最新版のファイルをダウンロードできるようにしました。
    ※ プロジェクトフォルダをまとめてダウンロードしたい場合には、引き続きマイページの ZIPでダウンロード をご利用ください。
  • エディタテーマを複数追加しました。
  • その他、細部の修正等を実施しました。

お知らせ



TeX 利用のハードルの低下

面倒な TeX のコンパイル環境構築はもう不要。Cloud LaTeX に登録すれば、いつでもどこでも、気軽に LaTeX が使えます。


マルチバイト言語対応

Cloud LaTeX は初めて日本語や中国語、ハングルなどのマルチバイト言語にネイティブに対応したサービスです。pLaTeX / XeLaTeX / upLaTeX / LuaLaTeXを使って文書を作成することができます。


堅牢なセキュリティ

研究者にとっての研究文書は命の次に大切です。通信は SSL プロトコルを経由して行われ、全ての LaTeX 文書とファイルは AES256 により暗号化保存され厳重に管理されます。

特徴

ツリー/編集/コンパイル画面の直感的なインターフェース
TeX プログラミングに最適なエディタ
TeX コマンドの自動補完
構文エラーをわかりやすく表示
PDF出力、プロジェクトのZIPダウンロード
D&Dによるファイルアップロード
豊富なテンプレートからのプロジェクト作成
編集内容の自動保存