更新履歴

2017/07/06

Ver.2.2.0 をリリースしました。

修正点

  • dvipdfmx でエラーが発生した場合に今までなにも表示されていなかったのを、エラーとログを表示するようにしました
  • ERROR タブの出力内容を枠折り返しとし、横スクロールを表示させないことによりエラー内容の視認性を向上させました
  • Cloud LaTeX でプロジェクトをコンパイルするには、ターゲットに設定した tex ファイルをルートディレクトリ上に置かねばならず、フォルダ内の tex ファイルをターゲット設定してもコンパイルできません。左記仕様にもかかわらず、フォルダ内の tex ファイルをターゲットとして選択可能になっていたのを今回選択不可としました
  • Dropbox からプロジェクトをインポートする際に、そのプロジェクトに階層フォルダが存在すると正しくインポートできなくなっていた不具合を修正しました

2017/06/18

Ver.2.1.9 をリリースしました。

修正点

  • Dropbox API のバージョン変更に対応しました
    • バージョン切替の関係により、以前より Dropbox 連携を使用していた場合、何らかの不具合が起きる可能性があります。1度編集して同期エラーとなった場合はもう1度試していただき、何度もエラーとなる場合はお手数ですが一度同期/連携を切っていただいて再度試していただく等をお願いします
  • LOG タブの出力内容を枠折り返しとし、横スクロールを表示させないことにより log 内容の視認性を向上させました
  • その他、ファイル操作周りの挙動を中心とした修正をしました

2017/05/27

Ver.2.1.7 をリリースしました。

修正点

  • Cloud LaTeX のビルド環境を TeX Live 2016 最終版 に更新しました
  • プロジェクトを新規作成または Dropbox よりインポートした場合の既定の LaTeX エンジンを一時 uplatex としていましたが、 platex に戻しました
  • Dropbox でサイズが大きいファイルを扱う際に同期されないことがある不具合を解消し、安定化を図りました
  • (u)platex において、中国語・韓国語フォントを埋め込むように設定を行いました。簡体字には fandol 、繁体字には arphic 、韓国語には unfonts がそれぞれ埋め込まれます。これにより、pxbabel などを用いた多言語処理 が可能になります
  • 源ノ角ゴシックと源ノ明朝フォントを導入しました。 一例として、 こちら のコンパイルが可能となりました。 zxjatype などを用いることで xelatex でも使用することが可能です
  • サーバの処理性能を向上しました
  • その他、各種修正を行いました

2017/04/08

Ver.2.1.6 をリリースしました。

修正点

  • 時刻がUTC(世界標準時)となっていたのをJST(日本時間)に変更しました
  • Dropbox 連携周りの挙動を安定化させました
  • 新規プロジェクト作成のデフォルトのLaTeXエンジンを uplatex とするようにしました
  • ファイル作成/リネームに使用できない文字を入力すると警告が出るようにしました
  • その他、細部の修正をしました

2017/03/14

Ver.2.1.5 をリリースしました。

修正点

  • ファイルのカーソル位置が保存されなくなっていた不具合を修正しました
  • 旧betaバージョンに搭載されていた Dropbox 連携機能を復活し、より安定的にご利用いただけるように修正しました
    1. ログイン後のマイページにて、画面右上のユーザ名 ->「Dropboxと連携」を押し、アカウント連携を行なってください
    2. プロジェクト一覧画面の「インポート」から、Dropbox の /アプリ/Cloud LaTeX/ 配下にあるフォルダをプロジェクトとして Cloud LaTeX にインポートすることが可能です
    ※ ファイル数・サイズが大きい場合、インポートには時間がかかり、また完了後自動で画面更新はされませんので、ブラウザ更新をするようお願いします
    3. アカウントを連携すると、プロジェクト編集画面にて、画面右上の設定 ->「Dropboxと同期」することで Cloud LaTeX のプロジェクトを Dropbox にエクスポートすることが可能です

2017/02/13

Ver.2.1.4 をリリースしました。

修正点

  • ファイルツリーでのファイル表示がアップロード順からファイル名順になりました
  • 特定の条件下で LOG タブにエラーが出ていても ERROR タブには表示されていなかった不具合を修正しました
  • input などで複数ファイルがあるときにもエラーを抽出できるよう修正しました
  • その他、システムの最適化や不具合を修正しました

2017/01/25

Ver.2.1.3 をリリースしました。

修正点

  • フッターおよびマイページヘッダーから HELP(よくある質問) を確認できるようになりました
  • サービスの安定化やテキスト等の微修正を行いました

2017/01/23

不具合の修正を行いました。

修正点

  • プロジェクト名に半角スペースやコロン等の一部半角文字が含まれていると正しくコンパイルできない不具合を修正しました
  • プロジェクト名に日本語が含まれていると、 platex で bib ファイルを読み込み bibtex を使用する際にエラーとなる不具合を修正しました

2016/12/14

修正点

  • Cloud LaTeX に搭載されている TeX Live 2015 を、 TeXシステムの脆弱性 への対策を施したものに差し替えました
  • サーバの時刻設定を、 UTC(世界標準時)からJST(日本時間)に変更しました

2016/10/26

Ver.2.1.1 をリリースしました。

修正点

  • プロジェクト一覧にて、プロジェクト名/作成日時/最終更新日時での並べ替えが可能になりました
  • サーバ設定のチューニングを実施しました
  • その他不具合を修正しました

2016/10/10

Ver.2.1.0 をリリースしました。

修正点

  • プロジェクトの説明を編集しやすくしました
  • bibtex のエラーメッセージを表示するようにしました
  • PDF出力時のPDFファイル名をプロジェクト名としました
  • 編集内容保存中であることがわかりやすいようにデザインを変更しました
  • 編集時にCPU使用率が想定以上に高くなっていた不具合を修正しました
  • サイト全体が重くなっている対策としてチューニングを実施しました
  • その他不具合を修正しました

2016/09/07


    2016/08/28

    Cloud LaTeX は新バージョンへの移行が完了しました。

    旧バージョンより引き続き Cloud LaTeX をご利用になるユーザ様は、以前のアカウントでログインし、追加登録情報を入力いただくことで、新バージョンへプロジェクトデータが引き継がれます。

    注意

    下記情報は引き継がれません

    • サイズが 100 MBを超えるファイルを含むプロジェクト
    • 全プロジェクトの合計サイズが 1 GBを超える場合における、更新日時が古いプロジェクト
    • Dropbox 連携情報(Dropbox API の仕様変更により、本機能はクローズとさせていただきます)
    • 旧バージョンにて何らかの不具合が発生していたプロジェクト

    引き継がれたプロジェクトは、 LaTeX エンジンが全て platex に初期選択されています。 xelatex など、 platex 以外でコンパイルしていたプロジェクトは、お手数ですが編集画面内の設定より変更をお願いします。

    旧バージョンの Cloud LaTeX は、ユーザ様のデータバックアップの観点より 2016 年 9 月中までは https://old.cloudlatex.io/ja よりアクセス可能ですが、新バージョンに移行できるデータは 2016/08/27 のメンテナンス開始時刻時点までのものに限ります。したがいまして、今後旧バージョンで編集したデータは新バージョンには反映されません。

    その他、バージョン移行に伴うご質問につきましては こちら へお問い合わせください。

    戻る